恋待ち


「ありつつも 君をば待たむ 打ち靡く わが黒髪に 霜の置くまでに」
(万葉集)