記憶

何があったのか、そこで何に遭遇したのか
思い出せない・・・
ただ確かにあたしは何かを見た。
血も凍るような絶対零度の絶望を。