籠枕

籠枕 一人寝床で見る夢は 君と流した 笹船一艘




籠枕●
竹で編んだ括枕(くくりまくら)。
夏に用いる。

(広辞苑)


第一回作品独特のこのページの味気なさ。
この絵はわかりづらいけど「コタンコロカムイ」の翠峡。
これを描いたときパソコンが壊れたため、妹のスキャナ無しのパソコンで書いた。
と言うわけで一発書き。これよりさらに綺麗に描けた下書きが実はあった。

翠峡は紅継に片思いしていて、これは赴任先の東方で彼女が落としていった羽根を
眺めながら一人物思いに耽る、と言う図。

ちょっと変態チックと言えばそこまで。